旅芸人 〜 タバスコとシナモン

カメラと写真・朽木鴻次郎

コニカC35 E&Lで気軽に京都

数ヶ月前に友人ご夫妻に押し付けるようにカメラを進呈しました。そのうちの一台がコニカc35の初代。よく写るカメラだったのですが、私ただ今来春(2018年春)へ向けての引っ越しを計画中でありまして、部屋の整理をしたんです。
 
ところが、「最初の一台としてオススメのフィルムカメラは、60年代のいわゆるバカチョンカメラだ!」みたいな記事を書いていたら、欲しくなっちゃって、オークションサイトで買い直しました。だいたい飲み会一回分のお値段です。(問題の元凶の記事のリンクを末尾に貼っておきます。)
 
写真はいずれもその買い直したコニカKonica C35 E&Lにて撮影したものでございます。よく写るね〜ヽ(´▽`)/  
 

f:id:tavigayninh:20171026063540j:plain

京都市営地下鉄某駅前のサイバーパンクなパチンコ屋さんと久しぶりの青空

 

f:id:tavigayninh:20171026063636j:plain

京都四条高倉のルイスヴィトン

 

f:id:tavigayninh:20171026063551j:plain

京都南区の畑を守る鳥のクビのような鉄パイプ

 


今回入手したc35は、1971年発売のシンプルバージョン。レンジファインダー(とセルフタイマー)が省かれた「E&L」。

だから安かったんだな。

 

ピントは目測・ゾーン方式ですが、全然いけるヽ(´▽`)/ 

むしろ、あんまり気にしないで気軽に撮れるような気がします。

 

フィルムはロモグラフィーのカラーネガ800。

 

ちいちゃいカメラが好きなんですね?

はい、そうです。

 

+++ コニカc35を買い直したきっかけは ↓↓↓↓↓↓

kuchiki-kohjiro.hatenablog.com

 
 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:生活と愉しみ 〜 ハリセンボンのおびれ
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh