旅芸人 〜 タバスコとシナモン

カメラと写真・朽木鴻次郎

リコーフレックス Million ・祝100万台ヽ(´▽`)/

f:id:tavigayninh:20180419055211j:plain

 

リコーフレックス ・ミリオン。ちょー高級品だったカメラというものをお手頃価格*1で販売して大ベストセラーとなったリコーフレックス シリーズの最終型です。シリーズは8年近く続いて、それ以降、リコーの二眼レフは高級機能機にシフトして行きました。時代なんだろうな。

 

戦後初めて販売されたリコーフレックス III型がブームに火をつけた。

・リコーフレックス III    1950年9月 7,300円

・ミリオン      1957年9月 6,800円

値段下げてるよ。すごい努力だったと思います。

 

f:id:tavigayninh:20180419055234j:plain

 

「ミリオン」とはシリーズ総販売台数100万突破を記念してのモデルだそうです。本家本元、リコーのホームページで紹介されています。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/ricoh-filmcamera/cameralist/flexmillion.html

背面が複雑な形而上、もとい、形状だって書いてある。ただし、ぼくの個体は背面はシンプルな赤窓が一つ。別のサイトで調べたら、どうやらミリオンにも数タイプあるらしいっす。

 

f:id:tavigayninh:20180419055304j:plain

 

シャッタースピードも、B, 1, 1/2, 1/5, 1/10, 1/25, 1/50, 1/100, 1/300 と高級になってる。以前のモデルは B, 1/25, 1/50, 1/100 だったのですけどね。

 

というわけで、試し撮りに出かけましたヽ(´▽`)/  フィルムはフジのNS160PRO。カラーネガティブフィルムです。

 

f:id:tavigayninh:20180419055019j:plain

やるのう。1957年製。

 

f:id:tavigayninh:20180419055038j:plain

売れるのもわかるよね。

 

f:id:tavigayninh:20180419055050j:plain

愛の街、間之町ヽ(´▽`)/ 

 

f:id:tavigayninh:20180419055110j:plain

今回も二重露光してしもた。わざとじゃないっす。シャッター切って、「あ!」と思った。

 

リコーフレックス はこれで2台目。以前のVI型のご紹介はこちらでごわした。

kuchiki-kohjiro.hatenablog.com

 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:生活と愉しみ 〜 ハリセンボンのおびれ
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh

*1:とはいえ大卒月給の一ヶ月分程度