旅芸人 〜 タバスコとシナモン

カメラと写真・朽木鴻次郎

そもそものところがあやうい......

f:id:tavigayninh:20180720050115j:plain

上がスタジオ・デラックスの現行のもの。ISO感度表記。下右は何世代か前のスタジオデラックス。ASA/DINが懐かしい。下左はゴッセンのシックスチノ。

 

露出計のお話です。

 

セコニック社のスタジオ・デラックス、高かったよ〜。しかも買ってしまってから「これ使えんのかな...」と不安になりました。

でも簡単。使い方自体はとっても簡単です。

光を測って、示された数値でのシャッタースピードと絞りを選択する。それだけです。

 

あんまり理屈とか言葉の意味とか悩まなければいいの。

↓↓↓こんな風に悩む必要なんてないんですのよヽ(´▽`)/ 

 

遮光板を入れて測る「H(ハイ)」の数値、遮光板を入れない「L(ロー)」の窓枠が同じ。もちろん、目盛りの場所は違うけど。なんでだろう、なんでうまく移行できるんだろうと思ったら、Hは遮光板を入れて、1/32にしてある。うーん、すごい工夫ですね。

光の量を示す数値が、fc、フートキャンドル。こりゃなんだ? と思ったら、一平方フィート(フート)あたりに何本のロウソク(キャンドル)があるか、という数値なんですと!

どんなロウソクなのかよ! 拷問用の百匁蝋燭と仏壇用とじゃ違うじゃんか!

自分で突っ込んでいたら、元はイギリスのなんちゃらいうメーカーのものだけど、今は、別途光学数値的な定義がなされている模様。

へへんだ、今日はこのくらいにしておいてやる。照明なら、ワットとか、ルクスじゃないのかよ! ワットは電球自体の明るさで、ルクスってのは、ドイツ軍の偵察戦車じゃなくて、一平方メートル当たりにこれまたローソクが何本あるかという.... だから、だいたい10フートキャンドルが1ルクス。待って、待って、フートカンテラなんて単位もあるぞ!フートキャンドルと一緒なのか!? 

きーー!!!

ほんでもって、露出値EV(エクスポージャー・バリュー)、光量値 LV(ライトバリュー)なんてのもある。えええのえ?ですよ。

じゃあ、ほれ、あの、トップバリューは? 

......カメラとは関係ないですね。

 
Ev = ISO100 のLV なんですとさ。
じゃあ、フートキャンドル値との関係は、どうなるのかよ!
..... ISOを100で固定して、そんでもって、そんでもって.......
うーんと、うーんと....(@Д@;ネツガデル

もういいや、とりあえずちゃっちい、もとい、ちっちゃいメモ。
 
f:id:tavigayninh:20170614194257j:plain

こういう表はフィルムの箱とか、昔のカメラの裏ブタとかにそもそも書いてあったりするものです。

...そもそもの「曇り」とか、わかんないっす。明るい、とか、暗いとか言われてもね。露出計で測っても、いろいろ違うしさ。

やっぱり、露出計、必須ですね。メモは参考程度にします。「晴れ」はいいんですけどね、それ以外のはちょっとね〜(゚Д゚)ハァ?
ところで、「明るい舞台」ってなんなのですかね? 指標になるのかな? 舞台を写真に撮ったら怒られるよ。
 
 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:生活と愉しみ 〜 ハリセンボンのおびれ
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh