旅芸人 〜 タバスコとシナモン

カメラと写真・朽木鴻次郎

ローソク一本でも写るってことは

1960年台半ば、オリンパスの桜井栄一氏が「『ローソクの光でも写ります』というキャッチフレーズにやられた」と悔しがったのがヤシカエレクトロ35シリーズ。

オリンパス自動露出で絞りもシャッタースピードもプログラム式を採用していた。プログラム式だとシャッタースピードはせいぜい1/15秒どまり。一方、ヤシカエレクトロ35で絞り優先式を採用して、30秒という長時間露光も可能にした。「ローソク一本でも写る」というキャッチが可能となりそれが市場にウケたのであると(「ズイコー夜話」pp.151-152)。

 

とはいうものの、コンパクトなヤシカエレクトロ35CCを手持ちでぶれずにガッチリとホールドするのは難しい。ローソク一本、光が暗くても写るってことは、しっかり構えないとブレるってこと。

 

こんなふうに。

f:id:tavigayninh:20180121060038j:plain

京都三条大橋東詰、出雲阿国

 

f:id:tavigayninh:20180121060123j:plain

高倉三条上ルの古道具屋さん・本当はすんごい雰囲気あるんです。

 

本気出して、ちゃんとホールドすると、こんな感じ。

f:id:tavigayninh:20180121060304j:plain

 

えっへんヽ(´▽`)/ 

 

Yashica Electro 35CC w/ Kodak T-Max 400 asa 160 setting

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:生活と愉しみ 〜 ハリセンボンのおびれ
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh