旅芸人 〜 タバスコとシナモン

カメラと写真・朽木鴻次郎

ゾルキー Zorki 速写ケースの代替品(Canon IIb用のケース)

f:id:tavigayninh:20180122062610j:plain

 

我が同志戦友・タバリーシチ・コモラード・ゾルキーノビッチ・ドミトリー・ドントコイ。眼光鋭いかつてのボルシェビキ戦士もまたロシア革命T-72の砲火を逃れ、極東の古都でナスターシャとの若き日を追想するだけの余生を過ごしている...

 

f:id:tavigayninh:20180122060333j:plain

 

はい、もういいですか?

 

ソビトのライカコピー、ゾルキーの本体には、「アイレット、環(かん)」がついていないので、カメラ本体にはネックストラップはつけられません。環のかわりにケースがついています。当時のカメラは、ケースもついて完成品だったのかな?

 

f:id:tavigayninh:20180114083426j:plain

 

こういうケースは「速写ケース」って言います。上蓋をベロンチョと前に外して、パチリ、と行くわけですね。

 

f:id:tavigayninh:20180114083350j:plain

 

ぶらぶらさせながらそぞろ歩くのも味なんですが...このゾルキー用のケースは、上蓋が底面に固定されていて、取り外しができないんです。上蓋をかぶせてしまうと、写真を撮るときに一手間かかるし.... 

 

f:id:tavigayninh:20180114083221j:plain

 

どっかの業者さんに頼めば、脱着ホックに加工してくれるんでしょうけど、そんなにお安くはできないだろうなって思ってました。それよりも、何よりも、ゾルキーに付属してた革のケースは、カッサカサのボロボロでゴミばっかり出ちゃう。ちょっとくちゃいし。

 

代替品はないかな?

 

f:id:tavigayninh:20180114083109j:plain

 

ゾルキーはライカコピーですので、本家のライカのケースならサイズぴったりだろうと。でも高いだろうな。調べてません。

同じライカコピーの優れもの、キヤノンならどうだろう。調べてみると、Canon IIbはゾルキーよりもほんの一回り大きいだけ。まさに観音様、御仏の御巡り合わせでござりましょう。

オークションサイトで1949年発売のCanon IIb用のケースがお安く出ていましたので購入。

ほぼピッタリ。カメラとケースは、底面のネジで固定するんですが、ゾルキーの方のネジ穴は大きいので、ネジ穴アダプターをつけるとバッチリです。ぶらぶらさせるとこんな感じですが......

 

f:id:tavigayninh:20180114083155j:plain

 

ちゃんと上蓋の取り外しができます。これですっきりぽん。ヽ(´▽`)/

f:id:tavigayninh:20180114083134j:plain

 

お手入れは、ミンクオイルをうすーく塗って優しくふきふき。

革の速写ケース、好きなんです。

 

kuchiki-kohjiro.hatenablog.com

 

 

 

© 旅芸人・tavigayninh・朽木鴻次郎

姉妹ブログ:生活と愉しみ 〜 ハリセンボンのおびれ
ツイッターhttps://twitter.com/tavigayninh
インスタグラム: tavigayninh